ホスピタリティマインドを大切にしたM&A支援 SPANRO&SON 株式会社スパンロ・アンド・サン

お問い合わせ

財務デューデリジェンス

財務デューデリジェンスとは

M&Aに際して、買収対象企業や買収対象事業の財務内容等を、その実態と正確性も含めて確認するための、買い手候補様側による調査のことです。通常「基本合意書」締結後に買い手候補様負担で行います。収益性や決算書に記載されていない簿外債務の有無、資産の実在性や価値評価、税務リスクなどを調査します。通常M&A実務に精通した公認会計士や税理士、又は監査法人が行います。

スパンロ・アンド・サンの財務デューデリジェンス

買収対象企業及び事業の特性(上場・非上場、業種・業態など)を踏まえ、監査業務のみならず、M&Aアドバイザーとして多数の成約実績を持つ経験も豊富な弊社顧問会計士が対応致します。そのため、単なる財務調査にとどまらず、M&Aアドバイザーとしての知見に基づき、事業デューデリジェンスなどを含めた買い手候補様が本当に知りたいポイントについての調査・報告が可能です。また、財務デューデリジェンスを踏まえた上で、会社法・金商法・会計・税務その他、案件検討にあたっての諸問題の整理や譲渡契約書作成のアドバイスも致します。

→公認会計士・税理士プロフィール 山﨑想夫

財務デューデリジェンスの料金

財務デューデリジェンスの料金は、調査対象会社の売上・資産規模・子会社の有無・実行場所等によりますが、中小企業のM&Aの場合、通常50万円~300万円程度となります。
企業規模、調査内容、納期等によっても異なりますので、具体的な料金はお打ち合わせの上でご提示させていただきます。

財務デューデリジェンスの実施~報告書提出まで

財務デューデリジェンスは主に買収対象企業内の一室にて、調査資料のボリューム等により、最低2日~行います。
書類調査のほか、マネージングインタビューなどを行う場合もあります。それらを経たのち、約2週間~1か月以内に、担当会計士・税理士による報告書をご提出致します。

財務デューデリジェンス時に必要な資料

【法人概況資料】

  • ・会社案内・沿革
  • ・製品及び商品、サービス内容などが分かる資料(カタログ等)
  • ・商業登記簿謄本(全部履歴)
  • ・定款
  • ・株主名簿
  • ・組織図

【経理および財務資料】

  • ・決算書・申告書・勘定科目明細書(3~5年分)
  • ・今期の月次残高試算表
  • ・管理会計書類(部門別損益計算書)
  • ・資金繰り表
  • ・資産・負債勘定に関する情報・データ
  • ・現金出納帳・預金通帳・手形帳
  • ・得意先元帳
  • ・棚卸表
  • ・固定資産台帳
  • ・固定資産税課税明細
  • ・出資証券・保険証券
  • ・支払手形記入帳
  • ・仕入先元帳・請求書
  • ・金銭消費貸借契約書
  • ・退職金規程・積立年金
  • ・賃貸借契約書
  • ・リース契約書および支払明細書 など

【営業関連資料】

  • ・仕入先一覧
  • ・販売先一覧
  • ・保守契約等一覧

【労務関連資料】

  • ・従業員名簿
  • ・役員名簿

※その他必要書類

秘密厳守、お気軽にご相談ください

03-6459-4755 受付時間:10:00~18:00(土日祝除く)
メールでのご相談はこちら

事業内容

facebook
Copyright(C)SPANRO&SON CORPORATION. All rights reserved.